それでも、革靴がしんどい人へ!adidasのレザー風シューズのすすめ。

スポンサーリンク
それでも、革靴がしんどい人へ!adidasのレザー風シューズのすすめ。 サラリーマンの悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サラリーマンの足元の、最終兵器、スニーカー。

さて、「サラリーマン生活の世知辛さを少しでも軽減!?おすすめビジネスシューズ!」と題して記事を書いた。

だが、私は、「個人的には、「ウルトラブースト / ULTRABOOST」一択! 履きやすい、おすすめスニーカー。」でも記した様に、普段はadidasのウルトラブースト1択の人間である。

そんな自分が、外回り時に、「テクシーリュクス」はもちろんかなり頑張ってくれているものの、

それでもウルトラブーストとの履き心地(まぁ、比べるのは可哀そうだがw)と比較すると、やはり仕事上でも、もっと楽な履き心地を求めてしまうものだ。

そこで、目にしたのが、「政府がスニーカー通勤を提唱している」と言う記事だ。

何やら、スポーツ庁の働きかけもあり、スニーカーでの通勤を今後推進していこうという流れが強まっているようなのだ。

だったら、『もう「スニーカーの様な履き心地」ではなく、単に「スニーカー」で良いじゃん!』と思ってしまった私w。

とはいえ、やはり普通のスニーカーではサラリーマンは・・・。

一度、思い切って「ウルトラブースト」を職場に履い行ってみた。

しかしだ・・・。

一日過ごしていると、いくら政府が提唱しているとはいえ、

「スーツにスニーカー」と言うスタイルは周りを見ても見当たらない。

何処か、浮いている・・・と言うか、そりゃ履き心地は抜群だが、

「大丈夫かな・・・」と言う自己嫌悪にさすがにかられたのであるw。

そして、遂に同僚に「それ、スニーカーじゃないですか?」と突っこまれてしまったのも事実。

もちろん職場環境にもよるが、そこで「いや、政府が提唱しているから」と鋼のハートで言い返せる方は、

どうぞウルトラブースト先生を使用して頂いて下さいってな感じだが、自分としてはやはり挫折した。

全ての壁をクリアできる、ビジネスシューズ。

前置きが長くなったが、ここでようやく本題のおすすめ、

アディダスのレザー風シューズの登場だ!

革靴がしんどい人へ!adidasのレザー風シューズ。

adidas「 アドヴァンコートベース / ADVANCOURTBASE 」

このような、「真っ黒でレザーなスニーカー」と言うのは意外と少ない。

これは使える!と思った筆者は、さっそく職場へと履いて行ったが、結果、全く違和感なし!

誰からも、突っ込まれることは無し!

やはり、「レザー風」と「真っ黒」と言うのは、

どんなフォーマルなスーツにも溶け込むし、全くもって馴染んでしまうので、

「よく見ると、それスニーカーじゃない?」ってのは勿論だが、誰ももそこに気づかないし、気にしない。

はれて、「スニーカーの様な履き心地」を越えて、ビジネスシーンで「スニーカー」デビューとなったわけだ。

もちろん、各々の職場環境によるので、どこのビジネスシーンでもこれがOKかどうかは、100%言い切れないが、ほぼほぼ大丈夫なんじゃないだろうか。

意外と、この最終兵器を履いている人が居た!

そして、1人足元を気にして過ごしていると、同じように、このアディダスの真っ黒レザー風シューズを履いている人を発見!

しかも結構、フォーマルな身だしなみに厳しい職場だったにもかかわらず、課長クラスがの方がこれを履いていたので、もうそれからと言うのはこっちのもんでしたw。

これ以外にも、あの有名な「スタンスミス」でも、真っ黒レザー風スニーカーを見つけたので、これも購入!

元々、テニスシューズなので、もちろん履き心地には何の問題も無し。

改めて語ろう。

レザー風、真っ黒スニーカーを手に入れて・・・。

玄関出てから電車に乗るまでの、出勤時の憂鬱な瞬間。

せめて足元だけでも、少し楽にスタートしてみては如何だろうかw。

 
 

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました